Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログパーツUL5
アーユルヴェーダのクリニックに通いながら、日々、実践しているアーユルヴェーダ式健康法、食事法のほか、カラダやココロの変化、気づきなどを書きとめたブログです。
Search
☆ランキング参加中☆
クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ

黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】
黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
お家でできるアーユルヴェーダのマッサージ、基本の一冊。今までさまざまな本で紹介されてきましたが、写真付きで一番わかりやすいのがこれ。
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
ストイック過ぎず、おいしさ重視のメニューなので、アーユルヴェーダ食がはじめての人でも抵抗感なく作れると思います。
毒を出す食ためる食
毒を出す食ためる食 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、食事編です。今日の食事からすぐに取り入れられるヒントがたくさん。
毒を出す生活 ためる生活
毒を出す生活 ためる生活 (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、生活習慣編です。毎日の過ごし方でどこを気をつければいいかがわかります。
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、環境編です。部屋など身近な環境をどう整えればいいかわかります。これらの知識がまとまって紹介されることは少なく、今となっては貴重な本。
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダ生活でいちばん取り組みやすくて効果が高いのが「白湯飲み」!つくりかたに少し工夫がいるので、この本でチェック。
究極のデトックスレシピ
究極のデトックスレシピ (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの食材の知識を増やしたいならこれがおすすめ。レシピもたくさん。
ファンタスティック・アーユルヴェーダ
ファンタスティック・アーユルヴェーダ (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
医療としてのアーユルヴェーダについて詳しく知りたい方はぜひこちらを。アーユルヴェーダに関する知識が一番広く網羅されてます。なんだかんだで一番繰返し参考にしているのが、この本です。
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話 (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
「自分探し」をしている人にぜひ読んでもらいたい一冊。アーユルヴェーダ医療によってかわっていく患者さんの姿や、アーユルヴェーダ医師と患者さんのやりとりがとても感動的です。
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学 (JUGEMレビュー »)
宮坂 晶子,井岡 治彦
アーユルヴェーダでも利用するジョーティシュの知識。入門本として最適です。
Mobile
qrcode
Comment
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - |
    暑い日のからだのむくみ
    JUGEMテーマ:健康



    梅雨らしい蒸す日が続きますが、
    こう気温が上がってくると
    ほとんど夏と変わりませんね。

    あまりの寝苦しさに耐えられれず、
    先日、扇風機をひっぱり出してきました。

    実は、私の部屋にはまだ
    オイルヒーターがあります。
    扇風機とオイルヒーターが並ぶ姿は
    ちょっと異様。
    それでも、オイルヒーターをしまうのは
    もう少し先にする予定です。

    今年はアーユルヴェーダでいうところの
    「ヴァータ」というエネルギーが乱れやすい年。
    自然界でいえば、天気の激しい変化も
    その現れの一つになります。

    きっとまだまだ気温の乱高下が
    続くでしょうから、
    用心のためしまわないでおきます。


    さて、急に暑くなると
    私は体がむくんでしまいます。
    手も足もむっちりぱんぱん。
    なかなか不快です。

    気がついたのですが、
    毎日のオイルマッサージのおかげか、
    急な暑さでからだがむくんでも、
    以前のような激しいむくみ方には
    ならなくなっているような。

    ほぼ毎朝のように
    オイルマッサージと半身浴を
    しているのですが、
    血流がよくなったり、
    からだの深部からデトックスされたり。
    やはりこれが効いているのかなと。


    アーユルヴェーダのオイルマッサージは
    いわゆるリンパマッサージとは異なります。

    オイルを塗るときの流す方向(手の動き)も、
    痩身目的のリンパマッサージとは
    反対となる箇所が多くあります。

    <参考Book>

    それでも、からだの深い部分の
    バランスを整えてくれるので、
    結果的に痩せたりする人も
    いるかもしれませんね。

    からだやこころを整え
    さまざまな不調を取り除いてくれたり、
    やわらげてくれたりと、
    本当にいいことずくめ。


    最近、気温が上がってきたので、
    からだにオイルが浸透するのも
    冬に比べてとても早く、
    じわーっとからだに熱が入っていく感じも
    いつも以上に感じられやすくなってきました。

    裸になっても寒くないので
    3日坊主になりにく時期かもしれないですね。

    コツコツ続けることが苦手なような方には
    今ぐらいの季節から始めるのも
    いいかもしれません。


    最後に、むくみについてもう一つ。
    むくんだり足の疲れがひどいときには
    絹の5本指ソックスを履くようにしています。
    足がほっと安らぐ感じがやみつきで
    季節を問わずの常備品です。

    指の間がマッサージされるので
    すごく気持ちいいです。
    これもけっこう効きますよ!


    *蒸し暑くてバテ気味だったので、
     今日の昼食は軽めでした。
    (もちろん白湯は忘れず!) 

    ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

    クリックしてもらえると嬉しいです!

    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    0
      | オイルマッサージ | comments(0) |
      新生活にアーユルヴェーダのオイルマッサージ
      JUGEMテーマ:アロマテラピー、アーユルヴェーダ、オーガニックコスメなど地球に優しく、人にも優しく



      四月に入りました。

      桜は満開。
      華やかさがそこかしこに
      あふれてますね!


      季節がかわってもいつもと変わらず、
      アーユルヴェーダがすすめる
      セルフ・アビヤンガ(オイルマッサージ)を
      続けています。

      アーユルヴェーダ式の生活では、
      ごま油を使ったオイルマッサージを
      健康のため(そして美しさのため)、
      毎朝おこなうようすすめています。

      世の中には
      数々のマッサージがありますが、
      アーユルヴェーダのオイルマッサージには
      ヒーリング以上の効果があって、
      全身療法と位置づけられています。

      よく知られているところでは
      強力なデトックス効果
      全身をすっきりと浄化してくれるのは、
      ごま油が全身の管という管をかけめぐり、
      病の素となるアーマとよばれる毒素を
      体外に排出してくれるからです。

      さらに、肌についていえば、
      アンチエイジング。
      肌の老化防止のほか、
      美肌、美白効果があります。

      免疫力体力もつきますし、
      睡眠の質をあげてくれるような
      使い方もできます。

      でも一番すごいのは、
      幸福感の素といわれるオージャス
      たっぷり補給してくれること!

      これが増えてくると人は
      とても人好きされるような人物になると
      アーユルヴェーダでは言います。


      さて、このオイルマッサージですが、
      別にどこかのエステに出かける必要はなくて、
      毎朝、自分で自宅で行うことが可能です。

      時間がないときは膝から下だけですが、
      可能な限りヘッドマッサージを含めて
      全身を行っています。

      その日一日の気分がかなり左右されるので
      がんばって続けているわけですが、
      頭を洗ったり乾かしたりと
      どうしても時間がかかるので、
      お弁当も作るともなると
      朝は本当に大変です。

      いつ頃からか、
      朝のオイルマッサージをする際に、
      手袋を用意するようになりました。

      100円ショップなどで売っている
      普通のコットン手袋です。


      *最近、新調したばかりの手袋。


      オイルを塗った後
      10分から15分の休息をとるようにと
      アーユルヴェーダでは教えていますが、
      平日の朝はそんなにゆっくりも
      していられません。

      すぐにお風呂に入って
      体を温めるのでもかまわないのですが、
      せっかく塗るなら
      できるだけ効果を上げたい。

      いろいろ考えた末、
      手袋をしてあれこれ片付けながら
      体にオイルを浸透させる時間を
      確保することにしています。


      手袋をしていると、
      オイルがついたままの手でも
      あちこちベタベタさせずにすみます。

      同様に、オイルマッサージ専用の
      スリッパも用意していて、
      オイルを塗ったあと
      専用スリッパを履いて
      用事をすませています。
      (といっても、はげしく動き回るのは
      避けるようにしています。念のため。)



      ずいぶん使い込んできています・・・。

      このスリッパは、
      ゴム製のイボイボが付いているものです。

      オイルが染みないですし、
      布で拭き取ることもできるので
      気兼ねなく使えます。



      毎朝セルフアビヤンガをしている
      という話を聞いたり、
      そういう人に出会ったりすると以前は、

      「そんなの絶対にあり得ない!!」

      と思っていました。

      でも、ちょっとの工夫
      (とちょっとの気合い)があれば、
      意外と続けられるものだなと
      今は思っています。

      脱衣所でオイルを塗って
      すぐにお風呂にちゃぽん、
      という方もいるようです。

      みなさん
      それぞれの生活スタイル、
      環境に合わせて、
      工夫しながら続けられていますよね。



      さて、4月は新生活の季節。
      新しいことを始められる方も
      多いのではないでしょうか。

      アーユルヴェーダの
      オイルマッサージを新習慣として
      取り入れてみるのも
      けっこういいのではないかと
      思っています。

      特に女性の方におすすめしたいなと、
      最近も、朝のオイルマッサージをしながら
      そんなことを考えていました。

      というのも、この季節は
      環境がかわることも多く、
      緊張を強いられたり、気が張ったり、
      対人関係においても気をつかったりと、
      神経を消耗するような場面が
      多くなりますよね。

      このとき、
      アーユルヴェーダでいうところの
      ヴァータ」という質が乱れて、
      ますますイライラ不安
      心配事が増えやすくなったりもします。

      オイルマッサージは浄化だけではなく、
      このヴァータの質を整えてくれる作用が強く、
      神経を穏やかにしてくれるという効果
      あるのです。



      先日も書きましたが、
      アーユルヴェーダでは
      女性の生理機能はとても繊細で、
      環境の影響も受けやすいものと
      教えています。

      大事に大事に扱ってあげて
      なんぼのもの、ですね。

      気力だけでがんばっていた
      過去があるからこそ
      強く思うのですが、

      からだやこころを置き去りにしたり、
      放置したりしたりするのではなく、
      なにかしらのケアをしてあげて
      自分をいたわりながら活動をすることが
      現代女性には必須だと、
      最近ひしひしと感じています。

      その一つとして、
      体を浄化しストレスを抜きながら、
      それと同時にパワーや活力を補給してくれる
      このセルフアビヤンガというテクニックは、
      とても有効だとも感じています。


      先ほど、
      「がんばって続けている」
      と書きましたが、実は、
      その日一日の心地よさが誘惑となって
      続けられていたりもします。

      私は忙しいときの方が逆に
      体調やこころの調子を
      整える必要に迫られる感じで、
      オイルマッサージをすることで得られる
      からだやこころの安定感を知っているからこそ
      どうにかこうにか
      毎日のように続けられているようです。


      アーユルヴェーダのセルフアビヤンガ、
      よかったら新生活のあたらしい習慣として
      試されてみてください。

      甘いセサミオイルで
      全身をくるんであげると、
      自分の体のまわりに
      やわらかい空気の膜のようなものができ、
      それが外界からの刺激や影響から
      護ってくれるような気が
      日々しています。

      そんなこともあって私は、
      新しい人に会ったり、
      新しい環境に行く日ほど
      アビヤンガを欠かせません。

      おすすめです!



      ☆初めての方へ
      アーユルヴェーダのオイルマッサージで
      一番わかりやすい本です。ご参考まで。
      ↓↓↓


      ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

      クリックしてもらえると嬉しいです!

      にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
      0
        | オイルマッサージ | comments(0) |
        アーユルヴェーダがすすめる太白ごま油のこと
        JUGEMテーマ:健康
         
        以前の記事(ゴマ油を使ったうがい)に関連して、
        ごま油についてもう少し。

        アーユルヴェーダの
        オイルマッサージやうがいに使うのは、
        「太白ごま油」といわれる種類のごま油です。

         

        太白胡麻油なるものを知らず、
        はじめてマッサージ用のオイル作るにあたって
        いくつか大きなスーパーを回って探したのも、
        いまとなっては懐かしい思い出です。

        初めて買ったのは確か、
        九鬼産業さんのものでした。
        マルホン・マークでおなじみの
        竹本油脂さんのを手に入れられている方も
        多いかもしれませんね。



        「太白ごま油」について
        簡単にだけご紹介すると、

        太白ごま油とは、
        焙煎していないごまを
        生のままで絞ったもののことで、
        普通のごま油に比べると
        白っぽい色をしています。

        一般的なごま油は、
        煎ったごまを化学系溶剤を使って
        抽出することが多いそうで、
        また、煎ったことによって
        独特のあの茶色の色になるそうです。
        あれはいわば焦げによる色ということで、
        その辺も太白胡麻油との違いになってきます。


        言葉の定義として厳密かどうか
        問題はあるかと思いますが、
        一般的なごま油と区別して日本では、

        煎っていない胡麻を原料に
        圧搾方式で抽出しているもの

        を「太白ごま油」と
        呼んでいるようです。



        さて、太白ごま油について、
        日本のごま油メーカーのひとつである
        九鬼産業さんを取材した記事が、
        『日々』という雑誌に掲載されていました。




        連載 おいしいを作る人
        「九鬼太白純正胡麻油の
        雑味のないおいしさの秘密を教えていただく」

        >>>>販売店はこちら


        私が通っている
        ここのごま油を使っているようで、
        間接的にですが
        日頃からお世話になっていることからも
        興味津々で読みました。

        記事では、
        工場の様子が写真で紹介されていたり、
        製法についての話しもあったりと、
        とても楽しめる内容でした。

        普段使っているオイルが
        こうして自分の手元にあるのかと思うと、
        ちょっと温かい気持ちになります。

        ご興味のある方はぜひ!


        ところで、この九鬼産業さん、
        以前から会社サイトを拝見していて、
        明治時代から続く老舗メーカーさんであることや、
        今も伝統的な手法を守りながら
        製品作りに取り組まれていることだったり、
        そのほかにも、
        国産有機の胡麻生産にも
        取り組まれていることなどから
        興味をもっていました。

        ゴマはほとんどが輸入に頼っており、
        国産のものは全体のたったの1%だそうです。
        ましてや有機ともなったら・・・ですね。
        話は逸れますが、
        九鬼産業さんのごま油のボトル、
        おしゃれですよね。

        文字といい、色使いといい、
        少量タイプのものなどは瓶の形といい、
        なかなかに端正な雰囲気だなと
        気に入っています。


        話を元に戻して、
        最後にごま油に関して
        少しだけ注意点を。

        アーユルヴェーダではごま油は、
        食用には避けるべきと教えていますので
        その点だけご注意ください。
        (とくに眼に影響が出てしまいます。)


        さて今夜も、
        アーユルヴェーダが教える
        良質な睡眠を得るためには欠かせない
        入眠時間(22時または22時半まで)
        が迫っています!

        今日も大慌てで寝る準備です。
        それでは、おやすみみなさい。

        ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

        クリックしてもらえると嬉しいです!

        にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ

        0
          | オイルマッサージ | comments(0) |
          花粉症の季節にゴマ油でうがい
           JUGEMテーマ:アロマテラピー、アーユルヴェーダ、オーガニックコスメなど地球に優しく、人にも優しく



          このところの東京は、
          空気の乾燥がひどいですね。
          風が吹くとますます。

          さらに、私は花粉症のせいもあるのか、
          喉がいがらっぽくなる日が多くなりました。
          みなさまはいかがでしょうか。


          アーユルヴェーダではゴマ油を使ったうがい
          毎朝するようすすめているのですが、
          最近のような喉の調子が良くない季節には
          朝だけといわず一日に数回、
          そして量もちょっぴり多めでうがいをしています。
          風邪の時も同じく。


          写真は、うがい専用にと用意したボトルです。
          無印良品で買ったポンプタイプのプラスチック容器に、
          ハーブなどが入っていない
          プレーンのセサミオイルを入れています。

          うがいに使うオイルは、
          アーユルヴェーダのオイルマッサージで
          使うものと同じでokです。

          これは、太白胡麻油を熱処理したものを
          (鍋などで一度、100℃まで熱します)
          自然に冷ましたものになります。

          詳しくは、アーユルヴェーダの本に出ていますので、
          そちらをぜひ参考になさってくださいね。
          一番わかりやすいのは、こちらの本↓です。


          さて、方法についてですが、
          こちらも簡単です。

          要は普通のうがいと同じで、
          すでにご存知の方もいるかと思いますが
          ほんの少しだけ自分なりの解説を加えてご紹介すると、


           口にオイルを含み、
           上を向いてガラガラ。(狙いは喉の奥!)
           顔の位置を元に戻し、
           全体にあますところなくいきわたるよう
           左右にぶくぶく。
           そのまま数分、口に含み、
           数枚のティッシュ(or キッチンペーパー)
           に出して終了


          オイルでうがいをすると
          口の中がしっとりと甘い感じになり、
          喉のイガイガや乾燥が和らぎます。
          乾燥によって鼻の奥が痛むようなときも
          バッチリです。

          ゴマ油でうがいなんて
          口の中がギットギトになるのではないかと
          初めておこなうときは不安でした。

          口に含むオイルの量も少なめに、
          うがいもこわごわおそるおそる・・・。

          結局、むせてしまいましたw。

          これから始められる方は、
          オイルの量も、ガラガラも、
          思い切ってされることを
          おすすめいたします。



          それにしても、
          このゴマ油うがいのしっとり感は
          ちょっと体験したことがないような独特のもので、
          ものすごく心地がいいです。

          口のケアといえば
          スッキリさせることが主流ですよね。
          ゴマ油でのうがいはそれとは真逆。

          ミント系の”すっきり壮快”だけが
          気持ち良さ、心地良さではないということを
          私はこれで知りました。

          話はちょっと逸れますが、
          アーユルヴェーダのいろいろな療法を試していると、
          それがからだのことであれこころのことであれ、
          もしくは行動のことであれ、
          水分や油分からイメージされるような
          しなやかさや瑞々しさだったり、
          または甘さややわらかさなど、
          そういうものが多く求められていることが
          よくわかります。

          快適さをイメージする言葉は
          本当にいろいろあると思うのですが、
          こうした質の心地良さこそ
          人にはもっと必要なのかなと、
          そんなことを考えたりします。

          ごま油のうがいについても、
          妙な話、口の中がとても平和
          甘く優しい感じになります。

          まったく使わなくなったわけではないですが、
          以前は習慣的に使っていたマウスウォッシュも
          自然とやめてしまいました。


          実は、このゴマ油をつかったうがい、
          口の中だけではなくて、
          声の張り顔の肌つやを良くしてくれるなど、
          おまけの効果もかなり魅力的なんですよ。

          こちらを目的に始められるのも、
          いいかもしれないですね。

          口内炎予防や虫歯予防の効果もあると
          言われているので、
          自然療法的なマウスケアをお探しの方には
          とくにおすすめかもしれません


          好みや感じ方は
          人によっていろいろだと思いますが、
          多くの方が心配される
          オイルのギトギト感や臭いについても

           ギトギトではなく「しっとり」、
           油クサさではなく「甘い香り」、

          というのが個人的な感想です。


          なにより効果がとても高いものなので、
          喉の調子が良くない方など、
          一度試してみても損はないかと思います。

          喉や鼻の奥がしっとりと落ち着きますし、
          その効果と持続力はなかなかのもの。
          おすすめです!


          喉の痛みがひどいときには、
          外出するときも
          持ち歩こうかどうしようか
          悩んでるみたいだヨ。

          ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

          クリックしてもらえると嬉しいです!

          にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
          0
            | オイルマッサージ | comments(2) |
            ヴァータ用マッサージオイル
             JUGEMテーマ:アロマテラピー、アーユルヴェーダ、オーガニックコスメなど地球に優しく、人にも優しく


            ヴァータの集中治療で書きましたが、
            現在、ヴァータの乱れを整えるために
            "セルフアビヤンガ"という
            アーユルヴェーダの
            自宅オイルマッサージを
            いつもよりも念入りにやっています。

            写真は、
            クリニックで処方してもらった
            ヴァータを整えるための
            マッサージ用オイル。

            セサミオイルをベースに
            さまざまなハーブが入っています。


            オイルの香りは、
            甘酸っぱくて
            ほんのりグリーン。

            使われている方なら
            「あぁ、あの香りね」と、
            すぐにわかっていただけるかと
            思います。

            からだに塗っていると
            部屋にも香りが立ちこめて
            とても気持ちがいいです。

            セルフアビヤンガの注意点として、
            マッサージ中はアロマは炊かずに
            触覚に注意を向けると
            良いとされていますが、
            これは例外ですよね・・・。

            (注意点はこの本に紹介されています。
                   ↓↓↓


            これまで、
            プレーンのセサミオイルを
            単体で使うことがほとんどでした。

            ヴァータ用オイルを使った
            セルフアビヤンガは、
            香りだけではなく
            使用感もちょっと違っていて、
            意外にもサラッとして軽い使い心地。

            ヴァータの乱れといえば「乾燥」。
            乾燥にも効くオイルなのだから
            プレーン以上にコッテリかと
            思ったのですが。

            そのほかにも、
            マッサージ後の
            肌の質感が多少異なるようで、
            思いがけず
            肌にツヤが出てきました。

            個人的な感想にはなりますが、
            プレーンのゴマ油を
            単体で使った場合と比較すると


            プレーンセサミオイルは、モチ肌
            ヴァータ用オイルは、ツヤ肌


            のような気がします。


            肌が清浄になる感じや透明感は
            どちらも共通で、
            普通のゴマ油は
            ふ〜んわりとしたモチ肌で、
            ヴァータ用オイルは
            もっと肌にツヤが増す感じです。

            特にお風呂でオイルを落とした直後は、
            肌がぴかぴか。


            ・・・あらためて文字にすると
            なんだか恥ずかしいですね。w


            さて、今、私がオイルマッサージを
            おこなっている目的は
            主に体の調子を整えるためです。

            アーユルヴェーダのような
            ホリスティック医療の特徴かもしれませんが、
            ある問題を解消することを目的としていても、
            気づけばそれ以外の問題も解消されていた、
            みたいなことがよくあります。

            今回も、
            美容は二の次だったにも関わらず、
            体調や心の調子が整うだけでなく
            肌の調子も良くなっていることに気づいて、
            やっぱり人間って
            「部分」ではないなぁとあらためて。


            からだ、こころ、精神。

            オイルマッサージひとつをとっても、
            人というのが
            あらゆるものが有機的につながり
            バランスを保ちながらひとつのまとまりとして、
            もしくはそれ以上のものとして
            機能していることに気づかされます。

            マッサージの後に半身浴をしながら
            ぼんやりそんなことを考えているとき、
            なぜかこころがほっとして、
            何に対してかわからないやさしさが
            内側にわくような気がします。

            結局、アーユルヴェーダの
            最初のきっかけや目的は
            なんでもいいのだと思います。

            ある目的にフォーカスしていても
            気がつけば別のいろんなことも好転していて
            自分のもっとも良い状態へと
            少しずつ近づいていく・・・、

            そんな結果を引き寄せる力が
            アーユルヴェーダにはあると
            私は感じています。



            同じものではないけれど
            アーユルヴェーダ商品を扱っている
            アムリットさんでも販売しているヨ。

            ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

            クリックしてもらえると嬉しいです!

            にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ


            *一部、記事を修正しました。2/12
            0
              | オイルマッサージ | comments(4) |
              またまた詰め替え
               
              アーユルヴェーダが毎朝行うようにすすめる
              セルフアビヤンガ(自分でおこなうオイルマッサージ)という強壮法。

              お肌はもっちり白肌になるし、アンチエイジングや免疫力アップ、
              さらにはココロが安定するなど、いいことづくめ。
              なので、お肌にトラブルがない時はせっせと行うわけですが、
              うがいにも使うとかなりのスピードでなくなります。

              というわけで、またまた詰め替えです。




              今回は、うっかりオイルをこぼしてしまいました・・・・

              遮光ビンは品質保持という面ではとてもいいのですが、
              いったいどこまで入ったのかがわかりにくく、
              その点がちょっぴりネックです。

              しかも、オイルは透明で見えないだけに厄介。
              他のオイルに比べればごま油はかなりさらっとしてる方ですが
              やっぱりこぼすとなると面倒ですね。

              次回は気をつけます。


              ☆☆☆ランキングに参加中☆☆☆
              (クリックで順位が上がります。)

              にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ ←おかげさまで現在2位に。
                           クリックしてもらえると嬉しいです!
              にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ ←参加したばかりです。よろしくお願いします。

              にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ ←こちらは24位です。ありがとうございます!
              0
                | オイルマッサージ | comments(0) |
                セルフアビヤンガでスッキリ♪


                今朝は、少し多めのオイルを使って

                セルフアビヤンガ(オイルマッサージ)をしました

                アーユルヴェーダによれば、

                生理4日目のオイルマッサージは

                生理をすっきり終わらせる秘訣とか。


                それにしても、

                はぁ〜〜〜、気持ちよかったぁ

                やっぱりセサミオイルの浄化力は強力ですね。


                気持ちはまぁるくなるし、

                体はスッキリ、軽くて爽やか。

                セルフアビヤンガ、最高!


                ☆☆☆ランキングに参加中☆☆☆  

                にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ ←クリックしてもらえると嬉しいです!

                にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ ←クリックしてもらえると嬉しいです!

                にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ

                0
                  | オイルマッサージ | comments(0) |
                  詰め替え完了
                   
                  アーユルヴェーダのクリニックで処方してもらった、

                  オイルマッサージや喉のうがいに使うセサミオイルを

                  ボトルに詰め替えました。

                  セサミオイル














                  マッサージには、やっぱりポンプ式が便利

                  (生活の木のこのボトルを使っています。)



                  ごま油のキュア

                  (マッサージに適したオイルにするための加熱処理)は、

                  自分でやるのはかなり面倒。

                  いつもクリニックで出してもらっています。



                  白い「太白ごま油」がいいというので

                  それを買ってきて

                  本をみながら作った時期もありましたが、

                  マッサージを習慣にする以前に、

                  オイル作りで挫折しました・・・



                  詰め替えるだけでいいなんて、

                  あ〜、ラクチン


                  ☆☆ランキング参加中☆☆

                  にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ ← ↓クリックしてもらえると嬉しいです!

                   にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ にほんブログ村 健康ブログへ
                  0
                    | オイルマッサージ | comments(0) |
                    | 1/1 |
                    当ブログはリンクフリーです。(無断転載、引用は禁止。)
                    Material by Night on the Planet
                    Template by NoIndex
                    アーユルヴェーダ・スタイル.com| 笑門来福blog