Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログパーツUL5
アーユルヴェーダのクリニックに通いながら、日々、実践しているアーユルヴェーダ式健康法、食事法のほか、カラダやココロの変化、気づきなどを書きとめたブログです。
Search
☆ランキング参加中☆
クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ

黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】
黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
お家でできるアーユルヴェーダのマッサージ、基本の一冊。今までさまざまな本で紹介されてきましたが、写真付きで一番わかりやすいのがこれ。
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
ストイック過ぎず、おいしさ重視のメニューなので、アーユルヴェーダ食がはじめての人でも抵抗感なく作れると思います。
毒を出す食ためる食
毒を出す食ためる食 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、食事編です。今日の食事からすぐに取り入れられるヒントがたくさん。
毒を出す生活 ためる生活
毒を出す生活 ためる生活 (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、生活習慣編です。毎日の過ごし方でどこを気をつければいいかがわかります。
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、環境編です。部屋など身近な環境をどう整えればいいかわかります。これらの知識がまとまって紹介されることは少なく、今となっては貴重な本。
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダ生活でいちばん取り組みやすくて効果が高いのが「白湯飲み」!つくりかたに少し工夫がいるので、この本でチェック。
究極のデトックスレシピ
究極のデトックスレシピ (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの食材の知識を増やしたいならこれがおすすめ。レシピもたくさん。
ファンタスティック・アーユルヴェーダ
ファンタスティック・アーユルヴェーダ (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
医療としてのアーユルヴェーダについて詳しく知りたい方はぜひこちらを。アーユルヴェーダに関する知識が一番広く網羅されてます。なんだかんだで一番繰返し参考にしているのが、この本です。
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話 (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
「自分探し」をしている人にぜひ読んでもらいたい一冊。アーユルヴェーダ医療によってかわっていく患者さんの姿や、アーユルヴェーダ医師と患者さんのやりとりがとても感動的です。
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学 (JUGEMレビュー »)
宮坂 晶子,井岡 治彦
アーユルヴェーダでも利用するジョーティシュの知識。入門本として最適です。
Mobile
qrcode
Comment
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - |
    野菜中心の料理本
    アーユルヴェーダの原理原則を学ぶと、
    だんだんストイックになってきて
    あれもダメ、これもダメになりがちでした。

    特に食事。

    もともと料理が得意ではないので、
    頑張るほどに質素で淡白な感じに。

    シンプル料理は滋味があっていいのですが、
    レパートリーがないのでマンネリ。

    いつ行ってもスーパーで立ち寄るコーナーは
    ほぼ同じという時期が続いたこともありました。
    
    今では、野菜中心の料理本を参考に
    レシピの食材の一部をアーユルヴェーダ流のものに変えたりしながら
    献立を考えられるようになってきています。

    油とかお砂糖、塩はアーユルヴェーダ推奨のものに。
    豚肉は鶏肉に置き換えたり、きのこ抜きで作ってみたり。
    チーズやモッツァレラは即席カッテージに変えたり、
    クリーミー系の料理なら、ミルクじゃなくて豆乳で代用とか。

    料理本、一冊まるまる使えなかったりはしますが
    一冊の中から使えそうなレシピをアレンジするだけで
    献立のバリエーションが増えて楽しい!

    気に入っている本は何冊かあるのですが、
    この2冊は何年経ってもお気に入りです。
     
      →消化に良い蒸し野菜はアーユルヴェーダでも薦められているもの。
      とはいえ、続けて食べると飽きがちな蒸し野菜。
      この本で味のレパートリーがぐっと増えます。

     
    →味付けがやや濃いめのレシピ。しっかりした味のものが食べたい時に。


    ストイックにやる時期があってもいいと思います。
    そういう時は体質改善&環境改善がすすむ時期で、
    振り返ってみると大切な時期だったりします。

    みなさんの話を聞いていても、
    「昔はねえ、よくやってたのよ〜」というのがよくあります。

    そうしたストイックな時期を抜けると加減のようなものがわかってきて、
    ガチガチにやらなくても整えるコツみたいなのが習得できているので
    心身の調子が大きく後退するということはそうない。

    私も、以前よりも、食事のバリエーションを楽しめるようになってきています。

    アーユルヴェーダ生活に飽きてきたかなあ、と思い始めたら
    少し緩めるタイミングかもしれません。

    そのほうが長続きしますよ!
    0
      | 食事 | comments(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | - |









        当ブログはリンクフリーです。(無断転載、引用は禁止。)
        Material by Night on the Planet
        Template by NoIndex
        アーユルヴェーダ・スタイル.com| 笑門来福blog