Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログパーツUL5
アーユルヴェーダのクリニックに通いながら、日々、実践しているアーユルヴェーダ式健康法、食事法のほか、カラダやココロの変化、気づきなどを書きとめたブログです。
Search
☆ランキング参加中☆
クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ

黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】
黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌 / 蓮村誠 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
お家でできるアーユルヴェーダのマッサージ、基本の一冊。今までさまざまな本で紹介されてきましたが、写真付きで一番わかりやすいのがこれ。
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】
【送料無料】 からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう / 蓮村誠 / 青山有紀 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
ストイック過ぎず、おいしさ重視のメニューなので、アーユルヴェーダ食がはじめての人でも抵抗感なく作れると思います。
毒を出す食ためる食
毒を出す食ためる食 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、食事編です。今日の食事からすぐに取り入れられるヒントがたくさん。
毒を出す生活 ためる生活
毒を出す生活 ためる生活 (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、生活習慣編です。毎日の過ごし方でどこを気をつければいいかがわかります。
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb
【古本】毒を出す部屋ためる部屋/蓮村誠【中古】 afb (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダの基礎シリーズ、環境編です。部屋など身近な環境をどう整えればいいかわかります。これらの知識がまとまって紹介されることは少なく、今となっては貴重な本。
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】
白湯 毒出し健康法 体温を上げる魔法の飲みもの PHP文庫 / 蓮村誠 【文庫】 (JUGEMレビュー »)
アーユルヴェーダ生活でいちばん取り組みやすくて効果が高いのが「白湯飲み」!つくりかたに少し工夫がいるので、この本でチェック。
究極のデトックスレシピ
究極のデトックスレシピ (JUGEMレビュー »)
蓮村 誠
アーユルヴェーダの食材の知識を増やしたいならこれがおすすめ。レシピもたくさん。
ファンタスティック・アーユルヴェーダ
ファンタスティック・アーユルヴェーダ (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
医療としてのアーユルヴェーダについて詳しく知りたい方はぜひこちらを。アーユルヴェーダに関する知識が一番広く網羅されてます。なんだかんだで一番繰返し参考にしているのが、この本です。
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話
いのちの治療―医師と患者が体験したとても大切な20の話 (JUGEMレビュー »)
蓮村 奮
「自分探し」をしている人にぜひ読んでもらいたい一冊。アーユルヴェーダ医療によってかわっていく患者さんの姿や、アーユルヴェーダ医師と患者さんのやりとりがとても感動的です。
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学
あなたの運命を変えるジョーティシュ占星学 (JUGEMレビュー »)
宮坂 晶子,井岡 治彦
アーユルヴェーダでも利用するジョーティシュの知識。入門本として最適です。
Mobile
qrcode
Comment
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - |
    正月冷えの風邪にはちみつ大根
     JUGEMテーマ:健康


    お正月休みも残りあとわずか。
    みなさんはどこかお出かけになりましたか?

    私は初日の出に初詣、バーゲン、
    そして、夕日がきれいだと夕焼け鑑賞を
    せっせとしていました。

    そしたら・・・・

    喉が痛いです!

    新年の浮かれ気分であちこち出かけていたら
    風邪を引いてしまったようです。
    この時期、本当に寒いんですよね。

    明日は仕事始め。
    あわててアーユルヴェーダのクリニックで
    教わった、はちみつ大根を作りました。

    大根をころころサイズに切って
    グラス一杯に入れたら、
    そこに生はちみつをたっぷりかけて
    放っておくだけ。

    水もなにも入れないのに、
    大根から水が出て
    写真のような状態に。

    この液を水で割って飲みます。
    甘くてなかなかいける味ですw。

    グラス満杯だった大根が
    あっという間にちっちゃく
    なってるのにはびっくりです。

    今日はあいにく大根がなかったので、
    (かといって買いに出かけたら
    ふたたび風邪を悪化させてしまうので)
    きりぼし大根でむりやり作りました。

    紀州産の非加熱はちみつをかけて
    たっぷりかけるのにはちょっとした勇気が必要ですw。

    なにしろ乾燥大根なので
    水を足す必要がありましたが
    ちゃんとはちみつ大根液、できましたよ!

    年末年始の忙しさと寒さは体にこたえます。
    お正月休みでからだのテンションを緩めたら
    ここぞとばかりに体が反応してきます。

    このはちみつ大根に加えて長めの瞑想だったり、
    アーユルヴェーダのハーブサプリを
    いつもは1個のところを奮発して2個にしたり、
    半身浴をして体の冷えを追い出して、
    あとはできるだけ早く寝る!

    うっかり風邪を引いてしまった時は、
    こんなことをしています。
    ここ数年は市販薬を飲んでないかも。

    ちょっと手間はかかりますが
    ナチュラルな家庭療法もなかなか効きますよ。


    明日は新月。
    仕事始めに月の満ち欠けもピッタリですね。
    体調を崩しやすい時期ですので、
    みなさまもどうぞお気を付けください。

    アーユルヴェーダ・ライフのあれこれをつぶやいています。

    ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

    クリックしてもらえると嬉しいです!

    にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
    0
      | 健康 | comments(0) |
      あけましておめでとうございます☆2011
      JUGEMテーマ:健康


      明けましておめでとうございます!

      豪雪となった地域もあるそうですが、
      東京はおだやかな晴天で新年を迎えました。

      飛行機雲なのか
      空にまっすぐな光の線が走り、
      そこへ今年初めての朝日が昇ってくるのは
      住宅地とはいえ感動的でした。

      朝日の光に包まれていると
      すごく懐かしいような、
      不思議な気持ちになりますね。


      生命を育む太陽を毎日歓迎するのは
      日出る国の大事な務めと
      ある聖人が言っていましたが、
      なるほどなぁと思います。
      天照大神だって、
      太陽を神格化したものですものね。


      僧侶などは別として、日本以外でも
      一般人が初日の出を見る習慣って
      あるのでしょうか。

      日本では朝日を特別なものと感じていますが、
      こんなところも自然と近しい暮らしをしてきた
      国民性ならではだなと思います。

      アーユルヴェーダでは日の出前の時間帯を
      ブラフミー・ムフールタとか
      ブラーミー・ムフルタと言って
      神聖な時間、
      心身に調和をもたらすエネルギーが
      自然界に満ちている時間と教えています。

      特別な言葉で表現しなくても
      早起きや朝日の効用を知っている日本人にとって
      アーユルヴェーダの生活習慣は、
      とても馴染みやすいものですよね。

      朝日を歓迎するとまではいかなくても、
      今年はもう少し朝日と仲良しな生活を
      できたらと思いますが、はたして・・・。


      今年もアーユルヴェーダのある暮らし、
      自然と調和のとれた暮らしを
      自分なりの歩みで続けていきたいと思います。
      健康のため、そしてなによりも幸せになるためです!

      アーユルヴェーダにはヒントがたくさん。
      良かったらぜひご一緒に!


      2011年がもみなさまにとって
      幸多き年でありますように。

      本年もよろしくお願い申し上げます


      アーユルヴェーダ・ライフのあれこれをつぶやいています。

      ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

      クリックしてもらえると嬉しいです!

      にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ


      0
        | - | comments(0) |
        続けています
        JUGEMテーマ:健康


        先月の酉の市にて

        12月に入りました。

        なんとなくですが、一雨ごとにこの世界が
        とても清らかになっていく気がします。
        冬だから空気が澄んで、
        ということだけではないような気が。

        特に、ここ最近の星や太陽の光が
        ものすごくきれいに感じられるのですが、
        みなさまはいかがですか?

        環境に変化が起きているのか、
        自分の浄化が進んだからなのか、・・・。
        この不思議な感覚は言葉にしにくく。

        今年はいつもより早く
        一年が過ぎるように感じられます。
        ヴァータという「動」のエネルギーが
        強く働く年だからでしょうか。

        アーユルヴェーダを学ぶと
        時間や環境、物事のとらえ方が
        ずいぶんかわってくるようです。
        こんなところも
        アーユルヴェーダの魅力の一つですよね。


        今月もオイルマッサージなど、
        いつもとかわらず
        アーユルヴェーダ生活を
        こつこつ続けています。

        ブログが更新できない間も、
        twitterでのつぶやきを
        ちょこちょこ続けていますので、
        よかったらご覧ください。

        それから、来年の2月24日に
        女性のためのアーユルヴェーダ講座
        があるそうです。


        ☆「女性のためのメンタルヘルス・ケア 心の悩みとどう向き合うか」
        (@朝日カルチャーセンター新宿)

        「生活が多様化し、忙しく生きることが求められる現在、多くの人が怒り、悲しみ、不安、恐れなどの心の悩みを抱えています。これらの悩みは、長く抱えることで心を弱らせ、日常の生活の質を落とす原因となり、やがて心は幸福を感じることさえもできなくなってしまいます。
         私たちは、自身の心の悩みとどう向き合えばよいのでしょうか?
         講義では、まず、今自分の心がどのような状態であるかを知るために必要な心についての正しい知識を学びます。とくに今回は、女性に特有の生理機能に絡めて学び、女性の心の悩みを理解していきます。さらに、各種の悩みに対しての対応についても見ていきたいと思います。(講師・記)」


        これはなかなか良さそうですよ〜。
        気になる方はぜひ!

        それでは、また。


        ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆

        クリックしてもらえると嬉しいです!

        にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
        0
          | その他 | comments(1) |
          アーユルヴェーダ医療の治療例
           
          カフェで注文したホットジンジャー豆乳。
          この冬、家でもまねしたい、
          体があたたまる一品でした。
          ご存知の方も多いと思いますが、
          日本だと代表的なところでは、
          アーユルヴェーダの治療を
          受けることができます。
          以前は、同じ医療法人が
          那須にもクリニックを開いていました。

          そこは宿泊施設が併設されていて、
          それこそブログで紹介されているような形に近い、
          泊まりがけでのトリートメントを
          受けることができたのですが、
          今年の春に閉院。残念・・・。

          アーユルヴェーダ式の食事も出ましたし、
          パンチャカルマを受ける人には
          普通の食堂とは別の部屋が用意されて、
          特別食も出されていました。

          南青山のクリニックの場合、
          宿泊施設はありませんが、
          近くのいくつかのホテルと契約しており
          希望すれば、トリートメントを受ける
          患者さん向けに
          特別食が用意されるそうです。
          (ただし別料金がかかるそうです)
          診察、
          生活・食事指導、
          薬(ハーブ)の処方、
          トリートメントの処方・・・。

          どこまで必要とするかは
          やはり人それぞれですが、
          一つ言えるのは、診察を受けていると
          自分のからだやこころのクセ
          みたいなものが分かってきて、
          いろいろ予防できることは確かです。
          日常生活が楽になってきますね。

          とはいえ、私もそうですが、
          自費診療になるので
          そう気軽にはいけないのが
          残念なところ。

          診察を受けるのは
          費用的に無理という方でも、
          ディナチャリヤ
          (アーユルヴェーダ式の生活)
          だって立派な処方だと思います。
          本を読んで実践するだけですが、
          じっくり気長に取り組めば
          からだやこころの整い方は違うと思います。
          (本はブログの左側からどうぞ)
          実際、クリニックに行ったとしても、
          基本この生活を薦められますから!


          季節の変わり目で
          体調を崩しやすい時期です。
          (アーユルヴェーダ的に表現すると、
          オージャスが減って免疫力が落ちやすい。)

          まだの方もよかったら、
          アーユルヴェーダ式の健康生活を
          ぜひご一緒に!

          では、また。
          【関連記事】
           


          日本での

          健やかに逝く」のタイトルには
          「幸せな死」とありますが、
          これは裏を返せば
          「幸福に生きる」とは
          どういうことかを問うもの。

          アーユルヴェーダ医療の
          入門ガイドとしての役割を果たす
          良書だと思います。

          患者側からの視点で書かれてるのも
          分かりやすさのポイントかもしれません。
          お勧め!
          健やかに逝く

          健やかに逝く

          価格:1,365円(税込、送料別)

          ☆☆☆ランキング参加中☆☆☆
          クリックしてもらえると嬉しいです!
          にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
          0
            | 健康 | comments(0) |
            台風のあとのセルフケア
            JUGEMテーマ:健康

            Happy Halloween !

            おはようございます!

            台風一過とはならず、
            荒れた天気の余韻が
            残る朝ですね。

            「Live!アーユルヴェーダ」の企画から
            あっという間に一週間。(早い!)
            ご参加いただいたみなさま、
            どうもありがとうございました。

            複数の方がTwitterでの実況の方に
            実際に参加してくださいました。
            本当に嬉しかったです!ありがとうございます。
            また来月も企画しようかと思っていますので、
            興味のあるかたはぜひご参加ください。


            さて、アーユルヴェーダの生活習慣
            「ディナチャリヤ」を続けられている方は
            いらっしゃいますでしょうか?

            私は、部屋の花の切り戻しも終わり、
            白湯を飲んだり、ヨガや瞑想といった
            細々したこともすませ、
            これから週末恒例、
            セルフアビヤンガ(オイルマッサージ)と
            長めの半身浴です。

            昨日の台風は風も強く、
            自然界にヴァータのエネルギーが
            充満した感じですね。

            昨日は出歩いてもいたし、
            おそらくからだやこころが
            影響を受けなかったわけがなく、
            なんとなく今朝は、
            内側がざわざわした感じがします。

            ヴァータが乱れると
            こころが不安定になり、
            心配事が増したりすると
            アーユルヴェーダは教えています。

            アーユルヴェーダのオイルマッサージは
            ヴァータを鎮めるのに最適なので、
            台風が過ぎた後の今日なんかは
            ちょうどいいですね。

            マッサージ用のごま油がなくても、
            乱れたヴァータのエネルギーは
            「規則性」によって鎮めることもできるので、
            こんな荒れた天気が続く日こそ
            やっぱりディナチャリヤ!

            長年続けられている方は
            たとえ自然界が多少荒れても、
            影響の受け方が少ないのではと
            思ったりします。

            からだに軸が一本通った
            強さみたいなのがあるのではないかと。
            (私はまだまだです(^_^;))


            天気も社会も荒れる2010年。

            自分を調え護るためにも
            アーユルヴェーダのセルフケア、
            特にディナチャリヤを
            よかったらぜひご一緒に!
            0
              | 健康 | comments(2) |
              << | 2/32 | >>
              当ブログはリンクフリーです。(無断転載、引用は禁止。)
              Material by Night on the Planet
              Template by NoIndex
              アーユルヴェーダ・スタイル.com| 笑門来福blog